やっぱり日帰り旅行が手軽でいいわ♪

リフレッシュ最高!

気遣いが大切です

大腸がんを進行させてしまう女性患者が多くいます。
出血が始まっても誰にも相談しない、というのが一番の問題ではないかと思います。健康診断で再検査の通知をもらっても、デリケートな問題なので後回しにしてしまうことが多いようです。出血が始まったところで、かなり進行しているのですが、そのことを知っている人はまだまだ少ないですから、痔と勘違いして恥ずかしいから黙っている、といった人が多いようです。それでも市販の痔の薬を購入して、投与しても改善がされなければ病院で検査を受ければよいのですが、やはり後回しにしてしまい、我慢できずに病院に行った時には手遅れだった、という話も少なくありません。

女性患者はかなりデリケートですし、とてもナイーブな面を持ち合わせています。大腸がんの検査は、内視鏡を腸から直接入れて中を見ます。痛みはありませんが、恥ずかしいという気持ちの方が大きいかもしれません。検査をする医師が男性であれば、何も言えなくなってしまう女性患者も多いようです。質問も出来ない、ただ言われるままに検査を進めることになります。もちろん、大腸検査の場合はその一週間ほど前から食事による指導で、腸の中をほぼ空にしていますので問題はないのですが、それと羞恥心は別のようです。

また検査中に看護師も検査の補助をしてくれるのですが、慣れている看護師であればこちらの気持ちを汲み取って、あれこれと気をまわしてリラックスさせてくれます。このような癒される、リラックスできる雰囲気づくりをしてくれるのは、最高の看護ではないかと思います。患者は検査でどうなるか不安を抱えていますし、女性患者は恥ずかしいと思いながら検査を受けていますので、気持ちを組んでくれると嬉しいものです。

特に、今は独身女性が多いためかデリケートな女性患者さんが多いと感じています。なので、女性医師・女性看護師・女性技師だけの泌尿器科が増えてきた。しっかり医療機関をチェックして検査や治療を受けてほしいと思います。

Info & Utils

Published in 水曜日, 10月 8th, 2014, at 18:22, and filed under .

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Comments are closed.

やっぱり日帰り旅行が手軽でいいわ♪ © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.